彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

危なくて実用的な交渉術

裏のハローワーク 交渉・実践編

草下 シンヤ著 

クサカ シンヤ 

ベストセラー文庫 待望の文庫化!

ISBN978-4-88392-796-8 C0136 224頁

発売:2011-05-25 判形:文庫 1刷

本体571円+税(税込617円)在庫あり

(在庫は2017/12/01の状況です)
323(155)0:168

裏のハローワーク 交渉・実践編

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1978年、静岡県出身。
マリファナをはじめとし、あらゆるドラッグを経験し、裏社会の人間との交流を深める。現在はドラッグ遊びをすることもなく、都内でサラリーマンとして働いている。
好奇心旺盛な小心者で、果敢に裏社会の住人に取材を申し込むものの「こんなに怖いならやめておけばよかった」と思う。しかし仕事は途中で投げ出したくないため、なんとしてでも完成に漕ぎつける。いいようなダメなようなライター。

[内容]
裏社会は生き馬の目を抜く戦場である。
一瞬の判断ミスや煮え切らない態度が命取りにつながる。逮捕されるならまだしも、恨みを買い、後ろからブスリとやられることもありえない話ではない。
そこで土壇場での機転、前もって危険を回避する知恵、交渉で相手を丸め込む技術などが必要不可欠になってくる。
「土壇場で弱いやつは使い物にならない」「交渉力が必要な時代になった」などと声高に叫ばれるようになったが、裏社会の住人にしてみれば、なにを今更というところだろう。
本書では、あまりに実用的な「裏」の交渉テクニックを紹介。
ヤクザや事件屋、詐欺師、ヤミ金業者といった人々がどうやって稼いでいるのか?
その強引にして華麗な手口を、ご堪能あれ。