彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

出版 企画・原稿募集

(出版企画原稿募集)彩図社は出版の企画・原稿を募集しています。

応募要項

募集内容 商業出版のための企画・原稿を広く募集しています。(自費出版の募集ではありません)
応募資格 プロアマ不問
募集ジャンル ジャンルは問いません。
応募方法 下記項目をメールの本文に記入してお送りください。
  1. ジャンル
  2. タイトル(仮)
  3. 企画の簡単な説明
  4. 氏名、住所、メール、電話(携帯可)

(下記項目はワープロファイル添付でOKです)

  1. 原稿の仕上がり具合
  2. 内容の概略
  3. 目次案(または、おおまかな見出し一覧)
  4. (あれば)本文原稿の一部
    (おおその内容がつかめる程度)
  5. 想定読者層
  6.  弊社への売り込み文
  7.  著者の簡単な略歴(あれば出版経験)
送付先 応募内容を→こちらをクリックしてメールで送付してください。
うまくメール送信できない場合は、下記のメールアドレスを直接打ち込んでください。応募メール
それでもダメな場合はこちら→「問合せ画面」(非推奨)より
審査基準 出版して売れるかどうかです。
結果連絡 メール(あるいは電話)でご連絡します。

応募についてのよくある質問(Q&A)

【企画応募について】

Q:応募資格は何かありますか?
A:特にありません。プロ、アマ問いません。どなたでもご応募ください。編プロや企業の応募もOKです。
Q:募集ジャンルはありますか?
A:ジャンルは問いません。
ただし、個人的な文芸作品(詩集、小説、エッセイなど)に関しては、弊社には販売力がありません。残念ですが、その分野に強い出版社への応募をお奨めします。
Q:お金を出すので本を出版してもらえませんか?
A:自費出版や共同出版という形での出版は行っておりません。商業出版向けの企画や作品をご応募ください。
Q:出版する条件として、著者側で本の買取りをする必要がありますか?
A:出版条件として、こちらから自著本の買取りをお願いすることはありません。
Q:企画はどのようにして送ればいいですか?
A:必ず「メール」で応募してください。メール以外は受け付けておりません。
編集者が送付をお願いした場合を除いて、郵送や宅配便での紙原稿や自作本、CDなどの送付はご遠慮ください。(送っていただいても返却はできません)
Q:タイトルが決まっていないのですが
A:タイトルは出版社が決めます(申し込み時は仮のタイトルで結構です)。実際に出版する際は、当社の社内会議で「売れるタイトル」を決定します。
必ずしも著者の気に入るタイトルにはなりませんので、ご了解ください。こちらで決定したタイトルに同意いただけない場合は、直前でも出版を中止することがあります。
Q:「企画の簡単な説明」とは、どの程度書けばいいのでしょうか?
A:文字数に決まりはありませんが、2、3行(100文字程度)以内に要点をまとめてください。
Q:氏名は本名ではなくペンネームでもいいですか?
A:応募の際は、本名を書いてください。ペンネームがある場合は、併記してください。実際に出版するときはペンネームで出版できます。
Q:住所などの個人情報は全て書かなければならないのでしょうか?
A:住所は都道府県と市区町村だけで結構です(例:東京都豊島区)。応募段階での詳細な住所は不要です。
Q:電話(携帯)番号は必要ですか?
A:書かなくても結構です。ただ、審査途中でより詳しいお話を伺いしたいとき、電話番号が書いてあれば電話で問合せることがあります。支障がない限りご記入いただければ幸いです。
Q:応募方法にある11の項目で、何を書けばよいか分からない項目があります
A:分からない項目は書かなくても結構です。ただし、記入項目が極端に少ない場合はマイナスの判断材料になる可能性があります。可能な限り記入してください。
Q:ブログやホームページ上の内容を出版したいと考えているのですが
A:メールに特徴や概要を明記の上、ブログやホームページのURLをメールに貼り付けてください。ただし、見るのに手間のかかる(時間のかかる)ページは、ほとんど見ない可能性があります。
Q:原稿の仕上がり具合とはなんですか?
A:以下の中から該当するものを記入してください。
「1.完成原稿あり」「2.現在執筆中(○%完成)」「3.これから書く」「4.構想はあるが自分では原稿が書けないので、ライターに依頼してほしい」
Q:内容の詳細はどのように送ればいいのですか?
A:ワープロなどに書いたファイルを応募メールに添付してください。
Q:添付で送るファイルの仕様はありますか?
A:当社で読めるワープロファイルは「Microsoft-Word」です。その他のソフトは「PDF」ファイルに書き出して添付してください。
その他読めるファイルは、画像ファイル(jpg,gif,png)、Excelファイル、リッチテキスト(*.rtf)またはテキストファイル(*.txt)です。
Q:添付ファイルが多すぎてメールで送れないのですが?
A:企画の内容がおおよそつかめればいいので全て送る必要はありません。一部分でも見て編集者が関心を持ったときは、全部送っていただくよう、ご返事をさし上げます。
Q:目次はまだ確定してないのですが
A:おおまかな見出し一覧でも構いません。なければ書かなくても結構です。
Q:本文の抜粋とはどのあたりにすればいいですか?
A:最初の数ページか、自分で一番面白いと思うページを抜き出して送ってください。
Q:簡単な略歴は何を書けばいいですか?
A:ご自身の略歴(企画に関係する職歴や経験)などを書いてください。過去に出版経験のある方は参考になりますので、出版した本のタイトルなどをご記入ください。
Q:原稿が完成しているのですが、送らなくていいですか?
A:完成原稿がある場合は、原稿ファイルをメールに添付して送っていただいてもかまいません。但し、審査段階で全てを読むことは難しいので、その点をご了解のうえお送りください。
 

【審査について】

Q:審査結果が判明するまで、どのくらいかかりますか?
A:審査結果のご返事は、通常2週間から1ヶ月程度かかります。
Q:審査の基準を教えてください
A:審査基準は当社で「出版して売れるかどうか」です。決して内容の良し悪しではありません。不採用の場合でも、諦めずに他の出版社にも応募してみてください。当社で不採用になった企画が他社で出版されたことも多々あります。
Q:どのように審査をするのか教えてください
A:当社では月に1回、編集部でご応募いただいた企画の検討会を行い、採用の可能性のある企画を選抜します(予め編集部全員が応募メールの内容を確認します)。
その後、営業部も含めた全体会議で、採用するかどうかを決定します。
Q:1か月に、どのくらいの応募企画を審査するのですか?
A:月によって異なりますが、1か月に30件~80件の応募があります。
Q:企画が採用されるポイントはありますか?
A:採用のポイントは、ネタの良し悪しです。採用が決まっても、文章や構成の大幅な変更をお願いしたり、こちらで書き直すケースが多々あります。その点をご了解の上、ご応募ください。
Q:そちらから電話連絡があることはありますか?
A:著者により詳しいお話を伺いたいという場合は、電話で連絡することがあります。電話番号は、支障がない限りご記入ください。
Q:採用の傾向はありますか?
A:当社にも分野によって得意、不得意があります。当社WEBページの「おススメの本」を参考に得意分野を類推してください。
ただし、過去に出版したことのない分野でも、挑戦して出版する可能性もゼロではありません。
Q:採用の連絡があれば、必ず出版されるのですか?
A:採用の連絡はスタートです。実際の原稿を拝見したり、電話やお会いしてお話を伺い、売れる本がつくれるかどうかを検討します。
たとえ編集や制作作業を始めたとしても、出版しても採算がとれないと判断した場合や、その本の販売が困難となる突発的な事件などが発生した場合、その他、著者と編集者の相性が合わず作業がスムースに進まないと判断した場合には、出版を中止することがあります。
また、原稿内に正しい引用ではなく著作権違反(WEB上記事のコピペや記事内容の無断借用など)があると判明したときには即座に作業を中止します。
その他、肖像権侵害などで訴えられる可能性がある場合や、商標等の使用許可を得るのに多額の費用がかかると判明した場合も、出版中止になることがあります。
 

【審査結果のご連絡について】

Q:審査結果はどのようにしてわかりますか?
A:通常は、メールでご連絡いたします。
Q:結果の連絡メールが来ないのですが
A:ご返事までに1か月かかる場合があります。最低1か月はお待ちください。gmail,hotmail,yahooメールをご使用の場合は、当社からの返信メールが迷惑メールフォルダや削除フォルダに入っている可能性があります。迷惑メールフォルダなどをこまめに確認してください。
Q:1か月経ったのに結果の連絡がないのですが!?
A:1ヶ月経過しても審査結果の連絡がないときは、ホームページの「問合せ」フォームを利用して催促のメールを送ってください。
当ページの送付先に記載のメールアドレスは、月に一度しか目を通しません。送付先メールにご質問いただいても、ご返事は大変遅くなります。また、電話での問い合わせは一切受け付けておりませんので、ご了承ください。
Q:応募原稿を返却してほしいのですが
A:当社ではメール以外の応募は受け付けておりません。紙原稿や自著本などの送付はご遠慮ください(送付いただいた紙原稿の返却は行っておりません)。
Q:不採用になった企画案はどのようになるのでしょうか?
A:応募メールの保存期間は半年程度です。不採用になった企画や原稿のメール、添付ファイルなどは、半年経過後、当方で責任を持って消去いたします。何卒、ご了承ください。
時間が経過すると審査結果についての問合せにもお応えできなくなりますので、お問い合わせはお早めにお願いします。