彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

ミッドウェー海戦はターニングポイントではなかった

最新研究でここまでわかった 太平洋戦争 通説のウソ

大日本帝国の謎検証委員会編 

ダイニホンテイコクノナゾケンショウイインカイ 

最新研究で明らかになった太平洋戦争の新常識を紹介!

ISBN978-4-8013-0244-0 C0095 224頁

発売:2017-07-25 判形:B6カバー付 1刷

本体880円+税(税込950円)在庫僅少

(在庫は2017/11/17の状況です)
17298(5)0:17293

最新研究でここまでわかった 太平洋戦争 通説のウソ

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
戦後70年以上を経たことで、新資料の発見が相次ぎ、研究も蓄積されてきた。そうした研究成果によって、これまで当たり前だと思われていた歴史的事実が変化。真珠湾攻撃からミッドウェー海戦、ゼロ戦の性能、戦争指導者の素顔、日本をとりまく国際情勢など、通説を覆す新説が定着しつつある。
そこで本書では、最新研究でわかった太平洋戦争の新常識を紹介。通説がどのように変化したかイチからまとめているため、予備知識がなくてもすっきりわかる!

[目次]
第一章 戦場・作戦にまつわるウソ
第二章 兵器にまつわるウソ
第三章 人物にまつわるウソ
第四章 国内情勢にまつわるウソ
第五章 国外情勢にまつわるウソ