彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

日本出身の米空軍将校によるリアルな国防論!

日本人「米軍中佐」が教える 日本人が知らない国防の新常識

内山 進著 

ウチヤマ ススム 

日本の国防には何が欠けているのか?

ISBN978-4-8013-0237-2 C0031 208頁

発売:2017-06-23 判形:4-6 1刷

本体1200円+税(税込1296円)改装待ち

(在庫は2017/08/17の状況です)
212(0)0:212

日本人「米軍中佐」が教える 日本人が知らない国防の新常識

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
東京都生まれ。アメリカ空軍中佐。
アメリカ空軍指揮幕僚大学卒業、カバナー州立大学で分析化学修士号取得、ミズーリ州立大学で化学学士号取得。
アメリカ空軍に15年、アメリカ陸軍に10年勤務。アフガニスタンに1回、イラクに3回任務のため派兵。
2006年から2010年まで横田基地に米空軍少佐として勤務し、空自と陸自と親睦を深める。2000年にキーンソード日米合同演習、2009年にキーンエッジ日米合同演習に参加。現在は予備役の任務と石油会社での勤務の両立。著書に『戦い、終わらず』(並木書房)、『アフガニスタン戦記』(彩流社)、共著に『新軍事学入門』(飛鳥新社)がある。

[内容]
民主主義国家にとって必要不可欠な国家戦略や軍事戦略が日本にはない。そのせいで自衛隊は国民の理解を得られず、外国の侵略から国を守れなくなっている――。
今のままで日本は国を守れるのか?
日本出身で自衛隊とも交流を持つ米空軍将校が、日本の国防の問題点を指摘!
日本にいては気づけない国防の本質に迫る。

[目次]
第1章 21世紀の国防の基本
第2章 戦略を考える上で一番大事なことは何か?
第3章 日本人が知らない軍事戦略の常識
第4章 米軍からみた自衛隊の強さ
第5章 日本の国防に欠けているもの