彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

天皇の歴史から日本の成り立ちが見えてくる

日本人として知っておきたい 天皇と日本の歴史

皇室の謎研究会編 

コウシツノナゾケンキュウカイ 

日本人にとって天皇とはどのような存在なのか?

ISBN978-4-8013-0213-6 C0021 224頁

発売:2017-02-24 判形:B6カバー付 1刷

本体880円+税(税込950円)在庫僅少

(在庫は2017/11/17の状況です)
14891(28)0:14863

日本人として知っておきたい 天皇と日本の歴史

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
「国民統合の象徴」として、日本人なら誰もが天皇のことを知っている。しかし、国民に向かって生前退位のご意向を示される陛下のお姿を見て、「日本人にとって天皇とは何なのか?」と思った人も多かったのではないだろうか。
そこで本書では、知っているようで意外と知らない天皇と日本の関係を48の疑問から解説。天皇が日本の支配者になれた理由から、世界最長の王朝となった理由など、日本人として知っておきたい知識が満載の一冊。

[目次]
第一章 天皇家とはどのような一族なのか?
第二章 天皇が日本の支配者になれたのはなぜ?
第三章 天皇と有力者たちの熾烈な権力闘争
第四章 不遇の時代から維新の原動力へ
第五章 強く生まれ変わった近代の天皇
第六章 象徴となった戦後天皇の新しい課題