彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

他人任せにはできないお金の手続きがすべてわかる

社労士・税理士が教える 絶対にやっておかないとヤバイ! 定年前後の手続きの進め方

房野 和由著/芥川 靖彦著 

フサノ カズヨシ/アクタガワ ヤスヒコ 

手続きのやりかた次第で得をする

ISBN978-4-8013-0208-2 C0033 192頁

発売:2017-02-24 判形:A5 1刷

本体1400円+税(税込1512円)在庫あり

(在庫は2017/09/20の状況です)
730(466)0:264

社労士・税理士が教える 絶対にやっておかないとヤバイ! 定年前後の手続きの進め方

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
房野和由(ふさの・かずよし)
特定社会保険労務士。埼玉県生まれ。明治大学政治経済学部卒業。
開業社労士の傍ら、資格専門学校にて社労士受験講座の講師を務める。
著書に「障害年金・生活保護で不安なく暮らす本」「まず200万円もらって始める、ゆるゆる起業」(以上、ぱる出版)などがある。

芥川靖彦(あくたがわ・やすひこ)
税理士。東京都生まれ。早稲田大学法学部中退。
2012年~2017年まで早稲田大学にて相続税の講義を務める。
著書に「図解わかる税金」(共著、新星出版社)、「まんがでわかるあなたの相続」(ブティック社)などがある。

[内容]
「在職中は、保険や税金など面倒な手続きはすべて会社がやってくれましたけれども、会社を離れてしまうと、様々な手続きを自分でやらなくてはならなくなります。」(「はじめに」より)

定年前後の時期には、初めて行う手続きがいくつもあります。
雇用継続した場合の雇用保険はどうなる? 健康保険はどうすればいい? 年金を減らされない働き方はあるのか? …など、やっておかないとヤバイ、しかし誰かが教えてくれるわけではない手続きの数々が、図入りで簡単に理解できます。

[目次]
第1章 定年前の準備をする
第2章 雇用保険編
第3章 年金編
第4章 健康保険編
第5章 退職後の税金編