彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

現代社会の闇が浮かび上がるノンフィクション

貧困のハローワーク

増田 明利著 

マスダ アキトシ 

貧困ビジネスの実態に迫る

ISBN978-4-8013-0176-4 C0195 224頁

発売:2016-09-15 判形:文庫 3刷

本体630円+税(税込680円)在庫あり

(在庫は2017/10/16の状況です)
6101(391)4105:1605

貧困のハローワーク

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
昭和36年生まれ。昭和55年都立中野工業高校卒。
ルポライターとして取材活動を続けながら、現在は不動産管理会社に勤務。
平成15年よりホームレス支援者、NPO関係者との交流を持ち、長引く不況の現実や深刻な格差社会の現状を知り、声なき彼らの代弁者たらんと取材活動を行う。
著書に「今日、ホームレスになった」「今日、ホームレスになった―平成大不況編―」「今日、派遣をクビになった」「今日から日雇い労働者になった」「今日、会社が倒産した」「本当にヤバイ就職活動」「今日からワーキングプアになった」(いずれも彩図社)、「不況!! 東京路上サバイバル ホームレス、28人の履歴書」(恒友出版)、「仕事がない!―求職中36人の叫び」(平凡社)がある。

[内容]
累計40 万部突破のベストセラー「今日、ホームレスになった」シリーズの著者が今回取材対象に選んだのは「貧困ビジネス」。
飯場労働者、シングルマザー風俗嬢、ソープランドのボーイ、ブラック企業のSE、テレビ番組制作会社AD、日々紹介の労働者、職業ホームレスなど、17の仕事の現状をインタビューで解き明かしていく。
貧困ビジネスを通して現代日本の闇が浮かび上がる渾身のルポルタージュ。