彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

人生の戻り旅で初めて気付くことがある ―事務次官Oの

常磐線戻り旅 破れた器

ジョウバンセンモドリタビ ヤブレタウツワ

三生 康詩著  

みお やすし  

「沿線小説超現実派」第8弾!

ISBN978-4-88392-672-5 C0193 256頁

発売2009-02-24 文庫版

定価648円(本体600円+税)

常磐線戻り旅 破れた器

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1941年東京生まれ。茨木県利根町及び取手市に在住。
早稲田大学法学部卒。サラリーマンの傍ら、小説を発表。
2000年~2001年には常陽新聞に小説を連載。
2007年サラリーマン生活を終え、フリーの立場で創作活動を継続。

主な著書に、『ドン・キホーテ・平正盛』、『変身願望』、『常磐愛線』、『常磐線飛んだ・天空の交信』、『ドン・キホーテ・平正盛の珍妙な結末』、『青春の裸像』『常磐線ドリーム いま・せん・見っけ!』(彩図社刊文庫)などがある。

[内容]
「命の意味を引き継ぐリレー、そのバトンを渡す相手を見つけたい!」
妻豊子の自殺と、事務次官ポストからの早すぎる辞職―。
ドミノ倒しのような経験をした主人公が、生きて行くにあたっての
ピュアーな願いを見つける。