彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

危ない世界の歩き方

アブナイセカイノアルキカタ

岡本 まい著  

オカモト マイ  

世界の危険に「こんにちは」

ISBN4-88392-541-2 C0126 192頁
(ISBN978-4-88392-541-4)

発売2006-05-17 文庫版

定価596円(本体552円+税)

危ない世界の歩き方

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
[著者紹介]
1976年4月26日生まれ。横浜出身。
通称オカマイ。
私立鎌倉女学院高校中退後、雑誌企画の仕事をしつつイエローキャブのマネージャー、制作宣伝部主任を務める。
イエローキャブを4年半で退社し、その後、毎年1~4月までの間は旅に出て、7、8月は沖縄で過ごす。そのおかげで1年中真っ黒。
訪れた国は20ヶ国近く。これからもどんどん増える予定。
現在は東京にいたりいなかったりしつつ、いずれ沖縄に住むために貯金にいそしむ日々。
アイドルのオフショット写真集を出したり、『ビッグコミックスピリッツ』や『Flash』などでグラビアページのコーディネートとインタビューを行っている。『Warp』『スペクテイター』などで旅モノの写真と記事を連載中。
レゲエ好き、沖縄好き、島、楽園、極楽好き、暑いところじゃなくちゃ、さみしくなる。

[内容]
世界は魅力で溢れている。
しかし、それと同じぐらい危険があることも忘れてはいけない。
そもそも、海外の「魅力」にしても「危険」にしても、それは私たちの生活と「違っている」からこそ、生まれているものだと思う。
だから、魅力だけを求めても、その国は見えにくくなり、危険ばかりにとらわれれば、その国を楽しむことができなくなる。その合間をうまく縫っていくことが、世界を楽しみながら歩くコツだと思う。
読んで痛快、思わず海外に行きたくなる。まったく新しい「危ない」世界の歩き方。