彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

声をかけられたことありませんか?

ついていったら、こうなった
キャッチセールス潜入ルポ

ツイテイッタラ、コウナッタ

多田 文明著  

タダ フミアキ  

街頭キャッチ、ついていったらどうなるのか?

ISBN4-88392-520-X C0136 256頁
(ISBN978-4-88392-520-9)

発売2005-12-02 文庫版

定価646円(本体598円+税)

ついていったら、こうなった<br><span style='font-size:9pt;color:#666;'>キャッチセールス潜入ルポ</span>

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1965年3月北海道旭川市生まれ。
宮城県立仙台第三高等学校卒業し、上京。
日本大学法学部に在籍する傍ら、テレビのエキストラを務める。
その後、コンピューター業、葬儀司会、某団体への奉仕活動、塾講師、行政書士補助などの様々な仕事を行い、現在は広告代理店に在籍しながらエキストラ業、ライターをこなす。
これまでに、1000本近くエキストラ出演をした経験から、「油つぼリンカーン」というペンネームで、「アッと驚くエキストラのウラオモテ」(成美堂出版)を出版。
平成13年~14年夏まで、雑誌「ダカーポ」(マガジンハウス社)にて、「誘われフラフラ」の連載を担当し、2週間に一度は勧誘されるという経験を生かして、キャッチセールス評論家になる。 
これまでに勧誘先に潜入した数は60以上。

[内容]
「アンケートにご協力ください」「絵に興味ありますか?」「手相の勉強してるんです」
街を歩いていると、いろいろな勧誘を受ける。悪質なキャッチセールスの噂は知っているから、無視して通りすぎるのが一番。
だけど「本当についていったら、どうなるのか?」という疑問は残る。
本書ではインチキ宗教から怪しい絵の即売会、無料エステ、コーヒー豆の先物取引まで、実際にキャッチセールスの現場に潜入。
本当は気になるけど見にいけない場所のこと、あなただけにお教えします。

著者は、本書で取り上げた1社から、営業妨害で訴えられました。しかし、取材の正当性を訴えて、裁判では勝ちました。
文庫判には、その裁判の経緯も記載しています。

[目次]
◆「手相を勉強しています」の正体!
◆「性格診断自己啓発セミナー」に潜入!
◆「怪しげな絵の即売会」に潜入!
◆恐怖の「キャッチ系英会話教室」
◆「絶対当たる携帯電話」って何?
◆「嘘つき無料エステ」に潜入!
◆「頭の回転がよくなるテープ」って何?
◆「世にも奇妙なUFOの集い」に潜入!
◆「コーヒー豆の先物取引」で脅迫!
◆「胡散臭いボランティア団体」に潜入!
◆髪の悩みで「ヘアケア・アドバイス」
◆「悪質芸能事務所」に所属!
◆「出会い系の手口」って? など、20の潜入先と予想外の展開が満載!