彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

20年もエキストラやってれば、いろいろ見ちゃいますよ

エキストラが見た 芸能界の裏オモテ

エキストラガミタゲイノウカイノウラオモテ

多田 文明著  

タダ フミアキ  

テレビ業界の裏側

ISBN4-88392-415-7 C0074 192頁
(ISBN978-4-88392-415-8)

発売2004-02-25 四六版

定価1028円(本体952円+税)

エキストラが見た 芸能界の裏オモテ

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
[著者紹介]
1965年3月北海道旭川市生まれ。
宮城県立仙台第三高等学校卒業し、上京。
日本大学法学部に在籍する傍ら、テレビのエキストラを務める。デビュー作は「毎度おさわがせします」。これまでのエキストラ出演は1000本を超え、「GTO」「魔女の条件」「ラブ・ジェネレーション」「刑事七曲署」「伊東家の食卓」「しあわせ家族計画」など番組多数。とはいえ、映ったシーンはごくわずか。
コンピューター業、葬儀司会、某団体への奉仕活動、塾講師、行政書士補助などの様々な仕事を行い、現在は広告代理店に在籍しながらエキストラ業、ライターをこなす。
キャッチセールス評論家としても活躍し、著書に「ついていったら、こうなった―キャッチセールス潜入ルポ―」(小社刊)がある。

[内容]
テレビの陰の主役、エキストラ。彼らは一般人でありながら、芸能界に出入りする特殊な人々である。
1日働いてギャラが3000円だったり、せっかく出演したシーンがカットされていたり、とほほな現場も多いが、エキストラだからこそ、芸能人の素顔や、テレビ業界の裏舞台、裏事情などを覗き見ることができる。
本書では一般人が知りたくても知ることのできない芸能界の秘密を明るいタッチで暴露する!