彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

かつての日本の姿がここにある

封印された日本の村 文庫版

フウインサレタニホンノムラブンコバン

歴史ミステリー研究会編  

レキシミステリーケンキュウカイ  

人が消えても記憶は残る

ISBN978-4-8013-0129-0 C0121 224頁

発売2016-02-12 文庫版

定価669円(本体619円+税)

封印された日本の村 文庫版

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
昔から人々は日本のあらゆる場所で村を作り生活してきた。しかしすでに消えてしまった村は多い。かつて人々はどんな場所で生き、どんな事情で消えていったのか。また、現存する村々がどのような文化を継承しているのか…「村」を通して人間の生きざまが見えてくる。

[目次]
一章 人々が追われた村
   日本最大規模のダムの底に沈んだ村
   山間の村を滅ぼした豪雨と土石流
   公害と戦い消えていった村ほか

二章 繁栄のなごりが残る地
   廃坑跡に立つコンクリートのやぐら
   島がまるごと廃墟になった島
   オホーツクで起こったゴールドラッシュほか

三章 人々の姿が消えた土地
   自然に還りつつある東京都内の廃村
   かつてマタギたちが住んでいた土地
   地図から消えたことがある島ほか

四章 逸話や伝説が残る村
   村人の命を救った手堀りのトンネル
   キリストは106歳で日本で死んだ?
   夫婦のいとなみに豊作と魔除を祈る祭りほか

五章 事件の舞台になった村
   廃校に救われた雪山の遭難者たち
   貧困打破のために人々が決起した村
   一晩で30人の村人が殺された村ほか