彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

科学の「闇」と「負の側面」に迫る!

本当は怖い科学の話

ホントウハコワイカガクノハナシ

科学の謎検証委員会編  

カガクノナゾケンショウイインカイ  

科学の進歩がもたらす恐怖

ISBN978-4-8013-0032-3 C0195 224頁

発売2014-10-10 文庫版

定価669円(本体619円+税)

本当は怖い科学の話

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
「人間の手でブラックホールを生んでしまうおそれがある実験」「命にかかわることもある禁断の果実・ドーピング」「国内外の恐るべき臨界事故の事例」「ブームの申し子 怪しい健康物質・マイナスイオン」「コンピュータの能力が人間を上回ってしまう日」などなど、科学にまつわる怖ろしい話を、計33本収録!

[目次]
第1章:最新科学の怖い話
第2章:身近にひそむ科学の脅威
第3章:知られざる科学的事実
第4章:科学にまつわる怪しい噂
第5章:おぞましき科学の歴史